daito's diary

猫のちゃあと趣味のこと。

エンデュランスExtをパワーアップ 実戦投入編

 ようこそ、daito's diaryへ
大井町とお台場にフォトーウォークへ行ってきました。
その内容につきましては別記事にいたします。
さあ、大げさなタイトルになっていますが、実際に使ってみましたのでその報告です。
実際に装着して背負ってみました。
一緒にいた仲間に撮ってもらいました。

f:id:daito-a110:20190121214312j:plain

撮影場所はお台場です。
あ、どうでもいい情報でしたね。
どうです?
ちょっと物々しい感じですかね?
なんだか締まらない立ち方ですみません。
 
ちなみにカメラはLUMIX G9PRO、ストラップはオプテックです。
OP/TECH オプテック ユーティリティストラップ・スリング ブラック
 
さて、実際に使ってみての感想です
 
ポーチについて
 ポーチにはクリーニングセットと予備バッテリーを入れてあります。
主にブロアですがポーチを開いてすぐに取り出せるのはとても便利です。
予備バッテリーもすぐに取り出せますので交換も楽ちんです。
視線を下に向けるだけで中身の確認ができる位置に装着できます。
口もかなり大きく開きますので中身の出し入れに不自由はありません。
コンデジを入れておいても良いですね。
ベルクロやカラビナで脱着が簡単にできますので、バッグを変えたときにもそのまま装着できます。
Lowepro ショルダーバッグ パスポート スリング3 6.3L ブラックのショルダーベルトにもぴったりでした。
 
 
 
ボトルホルダーについて
 サイドポケットに魔法瓶やペットボトルを入れていた時は、いちいちベルトを肩から外していたのですが、それがなくなったことが良かったと思います。
夏場はほんとに面倒でずっと片手にペットボトルを持っていたり、片方のベルトを肩から外していました。
リュックの片掛けって落とす危険もあるのであまりやりたくはないですよね。
特に冬場の上着は滑りやすい素材が多いので危険です。
 肩に近い高い位置に来るので、背の高い水筒は邪魔になるかもしれません。
今回は小さいペットボトルでしたので、邪魔な感じはしませんでした。
写真のようにホルダーの底につかずに宙ぶらりんになることもあります。
これは、ホルダーを少しきつめにサイズ調整をしていたためです。
しっかり押し込みましょう。
それから、水物を入れますので、肩への重さはそれなりに感じます。
まあ、飲むごとに重量は減っていきますので気にするほどのことはないかもしれませんね。
 
 結論として、良い買い物をしました。
ポーチのおかげで小物がまとまり、取り出しやすくなりました。
ボトルホルダーのおかげでリュックをいちいち肩から外さなくてよくなりました。
今回一緒にフォトウォークにいった仲間も、カメラバッグに飲み物が入らなくて困るという話をしていました。
ベルクロで巻き付けるタイプはほとんどのショルダーベルトに装着できると思います。
ですのでエンデュランスにかぎらずご自分のバッグに合わせて選んでみてはいかがでしょうか。
私はマンモスマークが気に入って、MAMMUTにしました。
ミーハーですね。
ではでは。