daito's diary

猫のちゃあと趣味のこと。

リュックタイプのカメラバッグならエンデュランスで決まり!

 ようこそ、daito's diaryへ。
カメラバッグは何をお使いですか?
私は今3つ持っています。
なぜ3つもあるのかって?
使い分けているものもありますし、選択に失敗したものもあります。
それぞれ特徴がありますので、紹介したいと思います。

一番最初に買ったショルダーバッグ

最初に買ったのはLoweproのショルダーバッグ。
近所のK'sデンキで買いました。
ちょっと変わった形をしています。
カメラを入れるスペースはインナーケースになっていて、取り外すことができます。
 
ココがGood
ペットボトルが入るサイドポケット
ファスナーを開けるとバッグの幅が広がる
iPad Proが入るクッション付きのポケット
ショルダーベルトの長さ調整が簡単 
ココがもうちょい
もうひと回り幅が大きいと出し入れが楽になるかも
サイドポケットの口にゴムが入っていればよかった
 
LUMIX G9PRO+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40/2.8 PROと交換レンズ1本、インナーポケットにiPadPro10.5が入ります。
それに加えて、ちょっとした小物が入る余裕があるので近所のスナップの時など割とよく使っています。
インナーケースを外せば普通のバッグとしても使えます。

二番目に買ったAmazonBasic 

レンズが増え、ショルダーバッグに入らなくなったので、アマゾンベーシックのカメラバッグLを購入。
オーソドックスなカメラバッグです。
ダブルレンズキットのセット+αを入れておくにはちょうど良いかもしれません。
 
ココがGood 
これだけの作りでこのお値段。なんと2780円。
蓋が二重になっておりバックルだけでなくベルクロも付いているので安心。
小物を入れるポケットが充実
仕切りがすべて外せる 
ココがもうちょい
内ポケットにiPad Pro10.5が入らない
持ち歩く時にギシギシ音がする
肩パッドの中でベルトが撚れる
 
このバッグは、残念ながら私の使い方には合わず、今ではほとんど使っていません。

本命はコレ!エンデュランス Ext

さて、カメラ・レンズのフルセットプラス小物やらiPadやらをまとめて運びたいときにどうするか?
撮影の時には身軽に動きたいですよね?
水分補給の為のペットボトルや水筒も持ち歩きたい。
その答えがこのエンデュランスExtです。
このバッグはカメラマンの 中原一雄さんがプロデュースしたバッグで、痒い所に手が届く、まさに逸品です。
エンデュランスにはサイズが4種類あります
発売された順番に初代、小型化されたExt、スリングタイプ、一番大きなHG。
その中で私が使っているのがExtです。
色は黒、ネイビー、カーキーの3色展開で、私はネイビーを使用しています。
初代とHGは黒のみ、スリングタイプがグレーとネイビーの2色でカラー展開されています。
お値段は初代が19,800円、HGが26,800円、Extが14,800円、スリングが12,800円です。
 
 では、機材を入れていきましょう。
LUMIX G9PRO+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40/2.8 PRO
M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300/4.8-6.7Ⅱ
LEICA DG SUMMILUX 25/1.4
LEICA DG MACRO-ELMARIT 45/2.8
ストロボGODOX TT685 O
これだけいれても、ご覧の通りまだ余裕があります。

f:id:daito-a110:20180924133946j:plain

f:id:daito-a110:20180924134027j:plain

バッグのサイドからも出し入れができます。

 

f:id:daito-a110:20180924134210j:plain

さらに、蓋の部分に付いているファスナーを開くとカメラ収納部の容積が増えます。
マイクロフォーサーズではあまり必要としませんが、フルサイズミラーレスやAPS-Cをお使いなら必要となるかもしれません。
フルサイズ一眼ならもう一つ大きいサイズの初代エンデュランスが良いかもしれませんね。
 

f:id:daito-a110:20180924134320j:plain

上部気室の深さは約34センチ。ただベルクロで閉じた後、巻き付けて蓋をするようになっているので、入れすぎに注意。

 

f:id:daito-a110:20180924134403j:plain

カメラ小物、ユニクロのウインドブレーカー、タオル、着替えを入れてもまだまだ入ります。
カメラ小物はCRITZというペンケースに入れています。
これから、気温が急激に下がる場合に備えてユニクロのウルトラライトダウンを入れておくのもよいですね。
衣服はくるくる丸めてジップロックなんかに入れておくとコンパクトになります。
 

f:id:daito-a110:20180924134445j:plain

背中のポケットには13inchのMacbook(かなり古いタイプ)だって余裕です。
 

f:id:daito-a110:20180924134520j:plain

サイドポケットには水筒が入ります。本来はトラベル三脚を入れて使うようですが。
 

f:id:daito-a110:20180924134558j:plain

全て納めるとこんな感じ。上部気室にはまだ入ります。

ココがGood
カメラ収納部分がしっかりしている
仕切板が必要十分
仕切板がすべて外せる
上部気室にたくさん入る
上部気室のバックルが使いやすい
サイドポケットの口にゴムが入っている
レインカバーが付属している
背面にPC用のスペースがある(A4のファイルもはいる)
Extは色が選べる
ココがもうちょい
上部気室の口がベルクロどめ
(人が居るところでバリバリはちょっと気兼ねします。)
お店に置いていない(AmazonとYahooショッピングのみ)ので実物を見られない
 
一泊ぐらいの撮影旅行ならエンデュランスExt一つで行けちゃいますね。
仕切板をすべて外せるので2気室のリュックとして使うこともできます。
ただ、欲張って入れすぎるとレインカバーがかからなくなるので注意しましょう。
レインカバー代わりに大きなビニール袋を常備しておくとよいかもしれませんね。
高機能でこのお値段、コスパ最高です。
 
いかがでしたか?
リュックタイプなら、収納力と機動力を併せ持っているエンデュランスで決まりでしょう。
ご近所スナップ用にスリングタイプも欲しいなあ。
購入してほんとによかったと思います。
ではでは。